公開履歴
色々なビル

賃貸物件で部屋探しをするときに、よくあることが事前の内見を行っているのに、いざ実際に住んでみると違うというものです。
最近、賃貸マンションでは事故物件が増加傾向にあります。
事故物件とは自殺やなんらかの原因により、住人が変死した履歴を持つ物件のことを指しており、典型的なのは殺害事件の現場になったというもので、いわゆる心理的瑕疵物件に相当するものです。
また孤独死でも部屋の損失があった場合事故物件とされることがあり、近年の高齢化社会により孤独死のあった物件が増えています。
このような物件は付近の家賃相場の値段に比較して格安物件であることも多く、何か違和感を持ちながらも割安なため契約したいと思うことでしょう。

本来自殺や変死などの履歴のある賃貸物件について、不動産会社は事故内容を説明する義務を負い、重要事項説明書で告知するべき対象とされています。
ところが一度別人が入居することで心理的瑕疵物件であっても、新たな入居者に事実が伝えられない場合があります。

また間取りや空間の面積などは事前に確認を取っているものですが、入居して初めてトラブルに気づく場合もあります。
例えば、ドアの幅が狭いために必要な家具や家電を搬入できないトラブルに遭遇するのはよくあることです。
間取りは入居条件に合っていても、家具の配置によっては扉の開閉などに支障が出ることもあります。
間取りや空間のデザインに問題がないようにみえても、ドアの開閉一つままならないような状況では日常生活が困難になってしまいます。

賃貸物件では、些細な事情で生活に支障が出ることがよくあるため、部屋探しの難しさを感じることでしょう。
契約時には格安の値段の家賃は非常に魅力的に映りますが、間取りの割に狭い事実が判明したり、ドアの開閉も困難だったりするなど、想定できないようなトラブルが待ち構えていることがあるわけです。

一度賃貸物件に入居すると、契約を解消するのも一苦労です。
格安のフリーレント物件では一定の期間が経たないと解約できないものも少なくありません。
簡単に転居できないのであれば、入居前に不動産会社に確認を取ることはとても重要です。
事故物件である事実などは入居後に発覚しても、対応を取るのは大きな負担となります。
間取りや面積の割に、相場に比較して格安の家賃が設定されているような物件は、十分に不動産会社に確認を取る必要性があります。

記事一覧

駅近で利便性の高い物件は、部屋探しにおいては非常に魅力的に映ります。 駅近で毎日の通勤や通学のために...

一人暮らしをするなら1DKのようにダイニングとキッチンが一体化しているのも魅力的です。 一人暮らし物...

賃貸物件を探すとき、何が重視されているのでしょうか。 人それぞれの価値観がありますが、やはり日当たり...

賃貸の部屋退去時に大家と入居者の間で特にトラブルになりがちなのが、退去時の敷金の帰趨や、修繕費名目で...

家を新築するにも賃貸物件で部屋探しをするにも、方角が気になる方は少なくないでしょう。 部屋の間取りの...

品川駅を中心に東京ベイエリアを含む地域では、近年積極的に再開発事業計画が策定され、事業が施行されてき...

高級マンションに居住してみたいという憧れは誰しも一度は抱くものではないでしょうか。 最近では都市の再...

賃貸物件の部屋探しをするのは、就職のために新居を構えるためだったり、大学進学のために故郷から遠く離れ...

賃貸物件の部屋探しをするときに、リビングやダイニングなどの間取りや方角、家具を搬入するため必要なドア...