恋人と同棲するなら押さえておきたい物件情報

一人暮らしをするなら1DKのようにダイニングとキッチンが一体化しているのも魅力的です。
一人暮らし物件にとっては、すべての設備や物がコンパクトな空間に納まっていることにニーズがあるからです。

それではカップルで同棲を始めるとなったときは、どのような点に注意して共同生活を開始すれば失敗しないのでしょうか。
恋人と同棲するときに押さえておきたいポイントと物件の着目点をご紹介しましょう。

まず同棲するときに物件探しをする場合は、大家さんの入居審査があります。
入居審査とは、大家さんが入居者と面談して、賃貸借契約して部屋を貸すのにふさわしい人物であるのかを確認するものです。
入居者が増えることは、生活騒音や隣人トラブルのリスクが高くなることを意味しています。
大家さんにとってみれば入居者が増えても賃料は変化しない反面、トラブルのリスクだけが高くなってしまうと受け止められる可能性があるのです。

そのため賃貸借契約するには事前に恋人との同棲を予定している事実を正直に報告することが大切です。
賃貸借契約は当事者の信頼関係を元に成立しているので、互いに相手方に不信感を与えないことがとても重要です。
入居後に恋人の存在が知られるようなことは不信感にもつながるので回避するのがベターです。

そして同棲するとなると二人分の荷物になるので、収納スペースを確保する必要性にも迫られます。
一人暮らし物件では、入居者の荷物も家具もそれほどのボリュームにはならないので、収納スペースが小さめでも困ることはあまりありません。
しかし住人が増えると当然荷物も増え、屋内に十分な収納スペースが確保されていないと部屋の中に荷物があふれかえることになりなります。
居住空間が狭くなり快適な生活を送るのは大変です。
二人暮らし物件を探すときには収納スペースがどれほど確保されており、荷物が収納できるかなど確認が必須です。

ところで二人で共同生活を開始すると、生活費などの負担が増えることになります。
このときに住居費や食費、光熱費などの費用の分担をどのようにするのか取り決めておくことが重要です。
いくら恋愛関係にあるとはいえ、お金の問題は明確に線引きしておかないと、その後の生活に禍根を残すこともあります。
高額な買い物などは相手に報告するなどの心遣いも必要といえます。
また一方に生活費と家事の負担がかかると不満にもつながるので、家事の分担も決めておくのもおすすめです。